オムニセブン通販

オムニセブン通販するなら知っておきたいこと

オムニセブン通販

簡単に説明するとオムニセブンとはセブン&アイホールディングスグループ内の関連会社の商品を一度の注文でまとめて購入することができる、サービスを指します。

 

どんなものでもそろうお店というだけでなく、ユーザーの一番注文しやすい方法で買い物することができると言う点が画期的なのです。

オムニセブン通販の4つのメリット

セブンネットショッピング

オムニセブン通販 全国にある18000店のセブンイレブンで24時間いつでも都合の良い時間に注文した商品(イトーヨーカドーや、西武、そごう、ロフト、アカチャンホンポ、セブンネットショッピングの商品)を受け取ることができる。

 

オムニセブン セブンイレブンでの受け取りは送料・手数料無料。イトーヨーカドーや、西武、そごう、アカチャンホンポ、ヨークベニマル、ヨークマートなど店舗受取りも送料・手数料無料。

 

オムニセブン通販近くのセブンイレブンで 返金・返品も近くのセブンイレブンで来ます。上限は2万円まで一部、対象外もありますが安心して買い物をすることができます。

 

オムニセブン近くのセブンイレブンnanacoポイントが貯まります、 お店でもネットでもnanacoポイントが貯まります、1ポイント1円で使いこともできます。

セブンネットショッピング

セブングループには多くの関連会社があります。コンビニではセブンイレブン、総合スーパーではイトーヨーカドー、百貨店ではSEIBUやSOGOなどそのほかにも、食品スーパーやフードサービス、金融サービスなど様々な業種にわたっています。

 

そのすべてのサービスをまとめて利用できるシステムをオムニチャネルといいます。

 

オムニチャネルってどんなもの

オムニセブン,通販

オムニチャネルの概念は海外では急速に成長していますが、まだ日本には浸透していません。

 

一度の注文でグループ会社内のすべてのサービスを受けることができるというものです。
ほしいときに注文できて、ほしいときに受け取ることができるサービスともいえます。

 

たとえば、スーパーに買い物に来ていた女性が、いつも重い荷物を持つことが大変だったために即日配送を頼んでいたとします。

 

その時にスーパーで取り扱っていない衣類の購入を検討していると店員に告げると、店員は自社グループ内の衣料の商品を端末から紹介して、そのお客様が気にいれば、スーパーで買い物した商品と一緒に家に配送することができるようになります。

 

そのほかには、グループ内の金融サービスに貯金していたら、その口座関連のクレジットカードで簡単に買い物することができ、商品購入のポイントなどがすべてのサービスで分け合って使うことができるようになります。

 

そのほかに様々なサービスが一度に身近になるということになります。

面倒な重い荷物のお買い物にオムニセブン通販

 

オムニチャネルの前の状態がマルチチャネルといい、その前がシングルチャネルというシステムを指しました。

 

シングルチャネルとはある商品を購入するために、あるお客様には注文方法が1種類しかない状態のことを指し、店舗限定商品やネット限定商品などがそれに当たります。

 

マルチチャネルのシステムとは

 

セブンイレブンで受け取り送料無料のオムニセブン通販

 

マルチチャネルのシステムとはある商品を購入するのに、様々な注文方法があるが商品の取り扱いはそれぞれの注文先で独立している状態です。

 

店舗で注文すれば店舗の在庫の商品を購入することになり、ネットで注文すればネット店舗の在庫を購入することになります。

 

これがオムニチャネルになると、関連会社にある商品を一度に注文して、一度に受け取ることができるようになります。
近い未来にスーパーで銀行口座を開く時代がやってくるということです。

 

オムニセブンのこれから

 

オムニセブンのシステム

 

まだ始まったばかりのオムニセブンですが、これからどんどんグループ会社が増えることが予想されます。

 

サービスの種類がどんどん増えれば増える程、スタッフのオムニセブンのシステムについての理解の高さが求められます。

 

どの部分が便利なのか、デメリットは何なのか、便利な部分は簡単に理解することができますが、その膨大な商品を取り扱うことの難しさ、商品についてのサービスの低下、スタッフの理解度の低下などはどうしても避けることはできないでしょう。

 

その部分はお客さんに商品の理解を深めてもらって歩み寄りながら進んでいかないと、いけないでしょう。

 

商品に関するスタッフの知識を補うためにタブレット端末が利用されます。この端末でスタッフはお客様に商品を紹介します。そのためにスタッフはタブレット端末の操作になれないといけません。
オムニセブンのサービスがスタートするということは、今までの業務プラス、端末の操作方法を熟練しないといけません。仕事の数が増えますので、スタッフへのどのような見返りがあるのかが注目されるところです。

 

Tポイントはオムニチャネルの先駆け

 

Tポイントはオムニチャネル

Tポイント制度はご存知でしょうか?様々なサービスを受ける際に提示するとカードにポイントがたまり、関連会社内のどのサービスでもそのポイントを使用することができるというものです。

 

クレジットカードの付随しているものがありますので、ご家庭の光熱費などをクレジットカードで支払うとそれにポイントがつきます。そのTポイントで支払ができるサービス、例えば、エネオスやツタヤなどで商品を購入する際にそのポイント分を割引して購入することができるのです。

 

まさに日本で行われているオムニチャネルの先駆けと言えるサービスです。

 

日本人の買い物の習性

 

国土や家の狭さにあると言われています。日本人は買い物をするときに毎日少しずつ買い物をします。

 

それは冷蔵庫が小さいので、まとめて食材を購入しても在庫しておくスペースがないからです。さらに、洋服や日用品を購入するにもデパートなどで様々なジャンルの商品をまとめて購入します。それは売る側が様々なジャンルをそろえていた方が、お客様の来店回数が増えることが見込めるからです。

 

しかし、収納スペースがないことは食品と同じなので、たくさんの品物を購入することはあまりありません。